サプリをお探しの方へ

「byOm(バイオーム)」では、解析結果に応じたサプリの提案までを行なっています。
(サプリの購入は必須ではありません)

例えばIBD(炎症性腸疾患)ひとつを見ても、個体によって原因となっている細菌は何パターンかに分かれます。当然ご案内するサプリも優先順位が異なるため、最適なものを摂取する必要があります。「byOm」では、すでに「幼少期から続いていた下痢が治まり、はじめて普通の便が出るようになった」といった嬉しい声がいくつも届き始めています。

「byOm」でご案内するサプリは、ショップサイトでも一般向けに販売をしています。

マイクロバイオームケア サプリ一覧

腸内細菌が関与している疾患
byOmを試す理由
こんなときにお勧めします

腸内細菌解析で何がわかる?

腸内野健康状態が見えます それが何を意味するのか? どうやって改善していくのか? お口のトラブルやサプリの効果など?
解析の事例 慢性の腸疾患 嘔吐 お腹の不具合
アルブミンの低下や蛋白漏出性腸症と診断された方へ

大腸からアルブミンが漏れてしまうことで数値の低下に繋がります。リーキーガットとも呼ばれる状態ですが、主な原因として腸内の重度の炎症が挙げられます。そしてその背景にある根本の問題として、腸内細菌の組成崩壊が指摘されています。

具体的には、本来いるべき細菌グループが全くいなくなっていたり、普段は少数派のグループが極端に増加している場合などに起こりますが、この現象に関与している細菌群は複数存在するため、トラブルの根本は個体ごとに異なると考えるのが妥当です。

例えば、多くの病原性細菌を含む「プロテオバクテリア門」というグループが大きく増えることでリーキーガットになる場合もあれば、炎症を加速させる別のグループ(ルミノコッカス属の一部やコリンセラ属の一部 etc..)の細菌の"大幅な増加"といった場合もあります。

「蛋白漏出性腸症」や「リーキーガット」というのは症状に対しての総称のため、個体ごとに個別に対応する必要があるという事です。

従来の医療ではここは全く可視化ができなかったため、症状を抑えるだけの対処療法となっていました。が、微生物ゲノム解析の飛躍的な技術向上によって、問題部分が見えるようになり、問題の根本へのアプローチが可能になり始めています。

どの個体にも共通する部分があるとすれば「炎症」であり、その「炎症」を引き起こしているのが一部の腸内細菌という構図です。ただし「それらの細菌こそが悪者だ!」と考えるのは正解ではありません。それらは"何らかの事情"で増えすぎてしまったのであって、まずは「元あったバランスに戻してあげる」というのが目指すべき姿です。

その上で「どうしてそうなってしまったのか?」を深く検証していく事によって、本当の意味での健康長寿につながっていきます。

「byOm」は、そうした道のりを支援するための有益な情報を提供するサービスです。

ステロイドが効かなくなってきて困っている方へ

ステロイドは炎症を抑制するのに優れたお薬です。ただし、それは炎症という嵐をやわらげるための一時的な対処療法であり、根本の問題解決には至りません。嵐が過ぎた後、元に戻る場合は問題ないのですが、延々と嵐が到来し続けている状況ならば、「なぜ嵐が来るのだろう?」という根本を深く考え、解決する必要があります。

が、多くの場合、連続する嵐は「原因不明」として片付けられてしまいます。

近年の先端研究によって、アレルギーを始めとする炎症反応に腸内細菌が深く関与していることが分かってきています。炎症を促進させる細菌の種類も少しずつ判明しています。

原因が見えてきたのであれば、これらの細菌グループの増殖をおさえ、その上で「なぜ増殖しているのか?」を追求していくことで、お薬に頼らない炎症抑制、そして穏やかな毎日につながっていきます。

ステロイドがきかないほど炎症が悪化してしまった個体について、これまでの解析で多かったのは、腸内の多様性が大幅に低下しているというパターンです。本来は300種類ほどは検出される微生物DNAが半分程度しか検出されず、生息している細菌の種類が極めて少ないという状況です。そういう時に勢力を伸ばしているのが病原性細菌だったり、炎症を加速させる細菌グループたちです。

病原性細菌が多いと体調不良も加速するため、多くの場合「抗生物質」が投与されます。これにより、病原性細菌だけでなく、これまで体を守ってきた細菌たちも打撃を受け、壊滅します。数の多い病原性細菌のほうが生き残る確率が高く、それらは薬剤耐性(お薬への抵抗力)をつけ、再び増加します。

これに対してさらに多くの抗生物質が投与され、再び腸内が壊滅する、という繰り返しが展開されています。もちろん先生たちは悪意があってやっているのではなく、他に方法がないからそうせざるを得ないという事情もあります。

腸内細菌の解析は、こうした嵐の真相を可視化します。これまで見えなかったために無視され続けてきた腸内の生態系に目を向けることで、抗生物質以外の選択肢や、必要最低限の投薬に留めるという適切な道が開けます。

乳酸菌や酪酸菌サプリが効かないという方へ

世の中には多くのサプリが存在しますが、その多くが乳酸菌サプリであり、また近年では酪酸菌のものも知名度が上がっています。が、ずっとサプリを飲んでいるのに健康問題が解決しないケースもしばしばあります。なぜでしょうか?

これまでの解析でよく見られたケースとしては

  • 乳酸菌/酪酸菌がほとんど増えていない
  • 乳酸菌/酪酸菌が増えていても効果を発揮していない

の2パターンです。

ともに共通しているのが、仲間たちが増えていないという点です。現在分かっているだけでも乳酸菌は250種類以上、酪酸菌も数十種類存在するのですが、サプリで改善しない個体に共通するのは、サプリでとった細菌しか味方がいないという事でした。

乳酸菌は自然界にも多く存在しますが、そこでは近縁種が集まって王国を作っています。王国になることでようやく一大勢力となり、腐敗菌や真菌類(カビ)などが発生できない状況が生まれます。これをコロニーといいます。

サプリで単独の乳酸菌を摂取した場合、敵地に単独で味方を送り込むようなものです。敵地にいくらかでも味方が存在していれば、そこで少しずつコロニーを作って勢力を増していけるのですが、大抵の場合はそうはならず、敵地で孤立して消えていくか、細々と独立を保っているだけとなります。

一方、酪酸菌の場合は、サプリで摂取できる種類は現状では1種類のみなので、もしも既に腸内に味方(他の種類の酪酸菌など)がいないのであれば確実に孤立します。事実、酪酸菌が増えていても腸内が大きく荒れているという事例にはしばしば遭遇します。サプリを摂取している個体以外ではなかなか見られない事象です。

こうした状況は外からは見えないため「毎日飲んでいるんだから効いているはず」となります。そして見えないためにグレーなサプリがあまりにも多く存在しすぎています。

が、腸内細菌解析は、この部分を可視化します。

見えてきたことによって、今なにをすべきかが分かってきます。サプリを増やすのか、変えるのか、それともやめるのか。有益とされてきた細菌たちの中には、実は状況が変わると挙動がおかしくなるようなものも存在するため、そうした異常な振る舞いを制御するという選択肢も生まれます。

これまで見えなかった世界を可視化することで、本当に有益な選択は何なのかが見え始めます。

サービス開始の流れ

スマートフォンでお申し込み 採便キットが届く 検体を返送する 結果を待つ 解析結果が届く サプリのご案内 健康推移を見守る 3回プランについて
腸内細菌がおかしくなる理由 ディスバイオシスについて

よくある質問

解析はどれくらいの間隔でやるものですか?

健康な個体であれば3,4ヶ月に1度、健康課題のある子であれば2,3ヶ月に1度は実施することをお勧めします。

従来は、解析ペースは年に1度くらいといわれていました。これは「腸内細菌は短期間では変化しない」という”通説”があったからです。ところが近年の研究では「腸内細菌は頻繁に変化する」という事が分かっており、2,3日の短期間でも変動がある事が分かっています。

IBDは治りますか?

まず、法的にも「病気が治る」とは表記できない点、あらかじめご了承ください。その上で、原因不明と言われてきたIBDは腸内細菌に由来する問題である事がほぼ突き止められています。

ただし、IBDとは炎症による腸疾患の総称のため、それぞれ状況が違います。

例えば、大腸菌をはじめとする「プロテオバクテリア門」というグループが極端に増殖しているケースもあれば、乳酸菌と同じ「ファーミキューテス門」の細菌が増え過ぎてしまっている場合、さらにはビフィズス菌と同じグループの「アクチノバクテリア門」の一部がやはり極端な増え方をしている場合もあります。

それぞれ、IBDの総称でまとめられる事が多いですが、実際には全く別々の事象です。それぞれに対して適切なアプローチが異なるわけですが、そこを「見える化」し、かつ適切な成分やサプリ、フードのご案内をするところまでが「byOm(バイオーム)」のサービス内容です。

どの乳酸菌が必要か分かりますか?

前提として、健康課題がある場合には、単一の乳酸菌を摂取しただけでは改善はあまり見込めません。

腸内における乳酸菌は、複数種の乳酸菌群として検出される事が大半で、それらがまとまって群落となり、1つの勢力を形成しています。つまり、乳酸菌を摂るのであれば、複数の乳酸菌群をまとめて取り入れる方法が有効です(例:発酵食品など)。

世の中には「◯◯乳酸菌! 」と大きく宣伝されているのが大量にありますが、それはあくまでそれを売りたいメーカー側の事情であり、"それだけ"を飲めば解決、ということはありません。腸内細菌の解析を行う事で、今ある不具合が乳酸菌の不足によるものなのか、また別の要因なのかは深く見えてくるため、よりピンポイントで対策を練る事が可能になります。

口の中の細菌のことも分かりますか?

口腔内細菌が腸内から検出される事がしばしばあり、状況によっては口腔内トラブルの有無の指標になる事があります。ただ、より詳しくお口の中の状況を知るにはオプションの「口腔内細菌解析」を実施することをお勧めします。

口腔内には、一般的な歯周病菌に加え、全身の疾患や悪性腫瘍にも関連する「鍵となる細菌種」が存在する場合もあります。こうした細菌を保有しているのかどうか? いるとしたらどれくらい保有しているのか? そういった部分の可視化によって今後のリスクと回避の選択肢が見えてきます。

病院で紹介されたサプリを飲んでいます。効いているか分かりますか?

腸内に関するものであれば、ある程度の効果の可視化はできます。例えば、◯◯菌配合とうたったサプリの場合、その細菌が本当に含まれているのか、また、実際に好影響は出ているのか? といった部分が見えてきます。

サプリを通じて◯◯菌の摂取ができていたとしても、腸内環境が全く改善していない場合、それは単に合っていない可能性もあるため、別の選択肢を検討するきっかけとなります。

世の中には「良さそうなもの」はたくさんありますが、実際にそれが効いているのかどうかの検証ができるという点に、解析の価値があります。

病気は治りますか?

まず、医療行為ではない点はあらかじめご了承ください。解析だけで病気がなおることはありませんが、病気になる前段階の状態であっても、その予兆とも言える腸内細菌の組成が可視化できるため、「病気」という概念そのものが変わってくるはずです。

これまでの事例として、健康だと聞いていた個体で腸内細菌の組成が大きく崩れている事が多々ありました。人間でもそうですが、この状態で病院に行っても「悪いところは無い」で終わってしまいます。が、この段階で何らかの改善策を行う事で疾患の予防に大変有益なため、その点こそが解析の真価であると考えています。

ユーザーレビュー

2021年11月28日 / 投稿者:あられママ
オススメ度:★★★★★
アレルギー検査をしても原因不明のため、解析を依頼しました。 解析結果が出るまで自分なりに菌について予習しましたが、やはり素人には難しかったです。 でもフォレマさんにわかりやすくレポートを作成して頂いたので、今後の腸内改善に活かしていきたいと思います。 ご提案頂いたサプリを試してどのように改善が出来たか早く知りたいので、次回は迅速な解析結果を期待しています。 愛猫はもうすぐ17歳の老猫ですので、出来る限り穏やかでご機嫌な毎日を過ごせるよう、解析結果を参考に腸活を続けていきたいと思います。 ありがとうございました。
2021年11月02日 / 投稿者:Mick2005
オススメ度:★★★★★
保有する菌を知ることができ、気を付けてあげたい注意点が見えて良かったです。 2度目で変化を見たいです。
2021年09月25日 / 投稿者:M.A
オススメ度:★★★★★
耳慣れない言葉が多く、なかなか理解できませんでしたが、新たな分野なので飼い主もこれから勉強していく必要があると感じました。うちの子の腸にどんな菌がいて、また何が足りないのかが分かり、そこはとても為になりました。うちの子のアレルギーの原因が腸からきているのであれば改善していきたいです。まずはアドバイスいただいたサプリを試してみて、今後も定期的に検査してみようと思います。
2021年09月04日 / 投稿者:タケシ
オススメ度:★★★★★
難しい言葉も多くて全て理解するのに時間がかかりましたが、とても良くわかりました。どうしたらよいかというヒントもあって、とても助かりました。しばらくして二回目もお願いしたいです。

注意事項

  • 直近で抗生物質の投与があった場合、解析結果に大きく影響をします。解析まで1ヶ月ほどあけるか、結果が影響を受けるという前提での実施をお願いします。
  • 当レポートは診断や医療行為にはなり得ないため、獣医さんとの話し合いにおけるデータ資料としてご活用ください。
  • amazon pay
  • apple pay
  • google pay
  • VISA
  • JCB
  • Master
  • Amex